1. HOME
  2. 企業情報
  3. 環境への取組み・CSR

環境への取組み・CSR

物流の世界で、地域社会と自然環境の為に出来ることを追求致します。 環境に配慮した「グリーン物流」を推進することによりCO2削減や、木材資源の節約に取り組んでいます。物流商社として、地域社会と自然環境のために何ができるのか、社員一人ひとりが自主的に環境問題に取組続けることで、環境対策と同時に業務の効率化やコスト削減、更には豊かな人間性の育成を目指しています。

基本理念・方針 ISO14001
初回登録2002年8月9日
岡本物流センター

基本理念

一人ひとりが環境問題に自主的に、継続的に取組み自然環境との調和と地域社会との共生を通じて豊かなる人間性を追求する。

岡本物流センターの環境基本方針

1. 地域・環境との調和

輸出入貨物の保管・梱包と物流サービスを通じて、グリーン物流を推進し、事業に関わる環境影響を常に意識し、地域社会と共生する環境管理を行います。

2. 汚染予防の徹底

環境管理システムの継続的な改善を推進し、環境影響の低減と循環型社会形成に努めます。

3. 環境関連法規の遵守

国の法律や地方自治体の条例及び自らが決めた環境に関する要求事項を遵守して環境活動を推進します。異常・苦情ゼロを目指します。

4. ムダを出さずに大事に使う

本来業務からの環境負荷低減に配慮し、環境への排出物や廃棄物の削減・適正処理に努め、省エネルギー活動を推進します。

5. 全員参加の気持ちから

岡本物流センターで働くまたは岡本物流センターのために働く人々が、環境保全について基本的考え方を自覚し、環境方針に沿って行動できるように教育を行います。

岡本物流センターの環境基本方針

活動実績

2016年度 目標達成度(毎年更新 横浜事業所)
2017年度 目的目標(毎年更新 横浜事業所)グリーン物流 ラウンドユースの実績

2016年度 目標達成度

目的 消費電力の削減 産業廃棄物のリサイクル化
有価物の維持
グリーン物流の推進
輸入コンテナ
ラウンドユースによるCO2削減
目標値 241,539 kwh/年 19,249kg/年 3,330本/年実施
73,684 t-CO2/年削減
達成値 234,269 kwh/年
※3%upほぼ横ばい
100%/年 100% 3,751本/年実施
119%
131,946 t-CO2/年削減
評価

2017年度 目的・目標

環境方針
法的要求事項/
その他の要求事項
著しい環境側面・
有益な環境側面
技術上の選択肢
財政上・運用上事業
活動上の要求事項
利害関係者の見解
目的 消費電力の削減による
CO2排出の低減
フォークリフトのLPG燃料
使用量削減による
CO2排出の低減
グリーン物流の推進
輸入コンテナ
ラウンドユースによるCO2削減
基準値 234,269 kwh/年
119,477 t-CO2/年排出
16,609 kg/年
49,827 t-CO2/年排出
3,751本/年実施
131,946 t-CO2/年削減
目標値 229,584 kwh/年
117,088 t-CO2/年排出
2,890 t-CO2/年削減
16,111 kg/年
48,333 t-CO2/年排出
1,495 t-CO2削減
4,500本/年実施
158,335 t-CO2/年削減
26,389 t-CO2削減
目標 2016年度比
2% 削減
①作業エリア、保管エリアの区分け
②夏季冬季節電対策の実施
③作業性向上により
稼働時間短縮を図る
④電力見える化機器活用によるこまめな電力管理
2016年度比
3% 削減
①フォークリフト作業効率Up
②フォークリフト作業動線の改善
③エコ運転の実施
④省エネフォークリフトの導入
2016年度比
コテンナラウンドユース4,500本実施
20% 増(本数)
①日野殿古河工場集約によりさらなるラウンドユースの拡大
②古河周辺ICD(インランドコンテナデポ)の活用
③他社荷主殿のコンテナ転用拡大
④他社荷主殿との連携強化

ラウンドユースの実践

岡本物流では、貨物積出し後の輸入コンテナをCYヤードへ戻さず、内陸において次の輸出貨物に転用するラウンドユースを実現することにより、大幅なコストダウンとCO2削減に成功しました。今後も転用拡大を目指しCo2の排出削減を目指してまいります。

ラウンドユースの実践

リターナルブラックの積極的使用とボルトレスラックの開発

岡本物流では、環境に配慮し、日野自動車(株)様と共同開発したリターナブルラック(スチール)で梱包することにより、木材資源の節約、コストダウンを図ってまいりました。※お客様の御要望による木製ケースでの梱包も行っております。
梱包・輸送などの効率化・最適化・環境への配慮を目指し、全社にて取り組んでおります。

リターナルブラックの積極的使用とボルトレスラックの開発

資料請求・お問い合わせ

contact

TEL:03-5427-3800